生体腎移植後…33年目に突入!

 昨日の6月28日に、おかげさまで・・・私、生体腎移植後、33年目に突入した次第
 
 このように元気でいられるのも、ドナーである母・医師・家族等 周囲の方のサポートがあったからだ と云う事を肝に銘じ 今後も、体調に留意し、無理をしないで頑張って行こうと、改めて思う

 下の写真は、行きつけのダイニングで・・・33年目突入のお祝いを家族にしてもらった写真でR

M.jpg

IMG_2913.jpg

IMG_2923.jpg

IMG_2916.jpg

IMG_2920.jpg

 このお店は、どの料理も美味しいが、特におススメなのが ↓  懐かしの具だくさんの ナポリタン ・・・  昭和世代が大好きな 赤ウィンナー・エビ・マッシュルーム・ズッキーニ・玉ねぎ・ブローコリー等が ゴロゴロ、珠玉の逸品でR

IMG_2924.jpg
スポンサーサイト
腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/06/29 19:18

人は一人では生きられない・・・生体腎移植33年目に突入

 もう32年前のことでR 母親がドナーとなって、私に腎臓を提供してくれて、移植手術を浜松医大病院で実施した日・・・そう、6月27日、私のもう一つの誕生日でR

 お蔭様で、昨日で丸々32年経過し、本日より33年目に突入した次第

 こうして今、元気で居られるのも・・・ひとえに、家族・友人・お医者さん、そして周囲の方々の協力があってこそだと私は、思っている。
 人は・・・
 決して 一人では生きられない。改めて、周囲の方々に対する感謝の念を禁じ得ない今日、この日でR
腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/28 16:10

1週間、入院してました・・・

新都市2

 もうすぐ、生体腎移植33年目に突入する私・・・その為、腎臓を含む定期検査で、約1週間ほど、磐田駅前の『新都市病院』へ、入院していましたが、昨日無事、脱出?(退院)できました。

新都市3

 年々腎機能が低下しているのと、胃が荒れていて胃炎状態である以外は、比較的検査結果は良好 貧乏性の私は、昨日からすでに仕事復帰・・・また、ブログも頑張って更新していきますので、何卒よろしくお願いいたします!

新都市
腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/08 16:51

定期健診・・・腹部echo

じんかんエコー

 あと、ひと月余で・・・生体腎移植後32年目に突入する私、母上には、謝謝の日々のはずなのだが まあ、そうできていないのも実情でR

 昨日、浜松医大で・・・腹部echoの検査

 左:肝臓 → すこ~し 脂肪肝らしいが、がん細胞のその後の出現も見られず、まずは安泰
 
 右:腎臓 → 母上から頂いた腎臓だが、画像上は問題なし・・・ただし、最近、尿タンパクが増えてきているようで、低たんぱく食を少しずつ取り入れてる。なが~く、持たせたいからネっ まずは、体調に留意して、ほどほどに頑張ろうっと 
 
腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/26 10:06

ついに、生体腎移植後・・・31年目に突入

 早いもので、昨日、めでたく生体腎移植後まるまる30年を経過・・・本日より、31年目に突入しました。
 これも、ドナーである母親(健在)をはじめ、周囲の方の理解があってからこそだと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。

 ただ、この30年間には、色々な出来事がありました。
 
 体調では・・・40歳の時に、いきなり「肝臓がん」が発見され、オペにより肝臓3分の1と胆嚢を摘出 と 2年前には「憩室炎」といって、大腸に穴が空いてしまって絶食治療 等入院を何度も繰り返しております。現在は、浜松医大から新都市クリニックへ転院、そして地元の静岡県立総合病院で移植後のフォローをしていただいてますが、今のところ、母から頂いた腎臓君も調子が良好です

 他方、プライベートでは・・・34歳の時に結婚、一男一女をもうけ、その後、40歳の時に仕事の不動産業を独立開業と、取り合えず、毎日忙しいながら人並みの生活を送ることができてます

 そして、この30年間の間には、ただ、ひとつ心残りがあります。
 それは、主治医であった先生が、昨年急逝されたことです。この方は、腎臓移植以前の私が高校2年の水腎症などのオペ時からの主治医で、30年以上私の身体を診てくださっていた上に、私の尊敬する先生だった方です。昨年、突然の訃報を聞いたときには、数日間悲しみにくれて、仕事も手につかないほど落ち込みました。ただ、今では、その先生のために、長生きせねば・・・と、それが先生への恩返しになると思っております。

 そんなわけで、本日、31年目に突入しましたが・・・無理せず、母から頂いた腎臓君を大事にしていきたいと思っています。
腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/28 10:15
 | HOME | Next »