FC2ブログ

腎臓移植体験者としてのインタビューを受ける

 一ヶ月前、静岡大成高校・放送部の生徒さんから、『生体腎移植体験者としての話を伺いたい』という依頼があり、きょうはそのインタビューを受けに、彼女らの待つ高校へ出向いた。

 私のオフィスから徒歩7分という近隣の鷹匠町にあり、以前このブログでも紹介した北京のSOHOみたいなお洒落なデザインの建物・・・そこが静岡大成高校でR。

 彼女ら3人は、玄関で待っていてくれて、高校生らしいカワイクはにかんだ笑顔で挨拶され、来賓室へ案内された。そして、なんと そこには、8?ビデオカメラ2台とマイク1本が用意されていて、私には本格的なインタビューの予感がしてきてしまった そうだよな、一点の曇りのない純真なと高校生と日頃どっぷり不動産業界に浸かってしまっているこの自分を比較し・・・そしてしっかり自分が腎臓移植のレシピエントであるという事を見つめ直すのにいい機会・・・だと肝に銘じるのにGOOD TIMINGであった。

 そんな思いを巡らせながら、顧問の先生を交え、お互い自己紹介を済ませてから、インタビューが始まった。

 

 
スポンサーサイト



腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/02/26 20:24
コメント

管理者のみに表示