FC2ブログ

上海で、一番ディープな 『夢花街』

2010.夏上海 049

 魔都上海一番庶民的な(日本人から見るとディープな)街:夢花街へやってきた。

 ホテルから、タクシーで大鏡閣を目指す。ここは、上海で唯一『明の時代』の城壁を残す場所・・・写真は逆光で見にくいですが、しっかりと城壁が現存するのがわかりますでしょ

2010.夏上海 046

 ご近所に聳え立つ高層ビルとのトゥショット・・・どう、過去と現在との面白いアングルでしょ

2010.夏上海 047

 この大鏡閣より、徒歩で南下・・・おおよそ10分弱であろうか?街並みが一変して、なにやら怪しげな建物が軒を連ね始めた・・・私、不動産屋なので、周辺地図を頭の中にインプットしてあったうえに、勘もドンぴしゃり、ここが夢花街でR

2010.夏上海 050

2010.夏上海 051

 まあ、「ディープ」さからいうと、一番上の写真の場所かな・・・3M程の道幅の両サイドに食堂・自転車屋(らしき店)・理容店・八百屋等が軒を連ね、住人以外を通らせないような一種独特な雰囲気の場所であった。そこを、住人に気づかれないように、シャッターを押す・・・さすがの上海歴15回以上の私にも勇気がいた次第 よお~く一番上の写真を見ると、上海万博前のニュースでもおなじみの「上海での洗濯物の干し方」・・・窓から長い竿を道路に突き出して、洗濯物を干してる私、中国の庶民の文化にふれて、ちょっぴり嬉しかったのも事実)・・・それって、禁止になったはずじゃァと思いつつ、ここは治外法権なのかなァ と妙に自分自身で納得してしまった不思議な街であった。

 最後に、さすがにパジャマ姿で出歩いてるヒトは、いませんでしたよ
スポンサーサイト



上海 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/07/09 20:18
コメント

管理者のみに表示