FC2ブログ

中国の広さを 実感して PARTⅡ

 s-2009・中国 052
 きょうは、朝から雷鳴って、雨も降っている。そろそろ梅雨の季節ですね!?
 私は、帰国以来オフが取れず、本日も お・仕・事 です。まあ、妻であり弊社の代表いわく、『中国行っても、何にも稼げないのだから・・・休みがなくて当然!中国で、内緒でいい思いしてるんでしょ』なんて、言われる始末(読者の皆様、全然そんなことないですよ・・・) それで、仕事の合間に、ブログかきコしている次第であります。

 ところで、上記写真は、中国全土・・・右端の我が日本の九州と比べると、その広大さがお解かりになるかと思います。今は、大連・北京・上海・広州と、東シナ海沿岸部が発展してますが、世界恐慌のあおりで、中国では内需拡大政策により、とりわけ西部地区(重慶・西安・長江流域等)に大規模開発のプロジェクトが目白押しのようです。

  私は、この中国全土の地図を寝室に掲げ、『毎夜就寝前に眺めて、次回どこを訪れようか』なんて考えてます。

 下記の写真は、頤和園で購入した地図です。中央から下方に人工の池・昆明湖が見えますか?いまさらながら、よく地図を見てみると、私が訪ねた箇所は、この頤和園のおおよそ半分しかな~いですよ。それだけ、広大だったんですね!聞くところによると、これを西太后の命により、建造し始めた頃の清国は、我が日本国と日清戦争中であって、軍事費をすべて、この「頤和園」につぎ込ませた結果、清国がわが日本国に負けてしまったという・・・本当の話らしい。それほど、贅を尽くした広大な別荘なのである。今回、私は周らなかったが、地図上方には、蘇州の町を再現した「蘇州街」 という場所もある。なぜ、造らせたかって・・・北京から蘇州は、遠方にあるので行くのが面倒であった為、ここに造ってしまった・・という逸話である。まあ、現代では考えられないが、ここは、故宮・万里の長城・兵馬俑と並ぶ時の権力者のカリスマの象徴であろう。とにかくすべて周れなっかたので、いずれ、再訪したい処である

s-2009・中国 053
スポンサーサイト



中国情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/05/24 11:48
コメント

管理者のみに表示