FC2ブログ

中国紀行2009 第5回 北京の妖しいNIGHT

 s-2009・中国 040

 お待たせいたしました。皆様ご期待の?この程の中国行での、北京の夜のあま~い?出来事をご紹介差し上げます

 過去2回の北京での夜は、11月と4月だったこともあり、メッチャ寒く、寒さに弱い私には不向きで活動範囲が狭くなり、あまり夜の散策はしませんでした。しかし、今回は、昼間は真夏の様でも夜は盆地特有の涼しさに変わり、丁度よい気候・・・冬眠から醒めた熊?のように、私は活動範囲を広げたのであります。

 宿泊したホテルが、日本でいう「銀座」・・・王府井という賑やかな立地の為、デパート(夜11時ごろまで営業)ルイヴィトン・グッチ・カルチエ等のブランドショップ・レストラン・夜店市等が乱立、一方道路は夜遅くまで歩行者天国だったりと、昼間の賑わいがそのまま持ち越された感じ・・・そして、ネオンも上海と一緒でド派手でございました。

s-2009・中国 039

 そして、昼間の歩き疲れを癒す為、上記写真の 宿泊ホテルの裏にあったピンクのネオンが妖しげなマッサージ屋へ突撃したのです。この店のネオン・・・写真では、日本語の看板ですが、15秒おきにハングル語・中国語・日本語と変わり、観光客も来る様子、ならば高くてボラレルのかな?なんて予想もしながら階段を下って入店しました。フロントで146元(約2100円)を支払って、足裏マッサージを注文、別室(3組ほどの足裏マッサー専門部屋?)に案内されました。奥には、妖しげな個室もありましたが・・・誘惑に負けず、まともなマッサージを注文した次第であります)
 ここで、足裏マッサージの料金比較(60分)・・・常連の上海の店(静安マッサージ)では、68元(約1020円)でリーズナブルで、私は滞在中は必ず全身と足裏を注文します。一方、北京は相場が高いようで、胡同にある店98元(約1470円)、宿泊ホテルの店(ルームサービス込)158元(約2370円)、そしてここ、この店が148元(約2100円)となっております。
 但し、一番この店が、内装豪華でした。その上、ここは、足裏の施術前、足を薬草湯につけている間、肩・腰のマッサージもしてくれてとても親切で、感激・・・そして、何より驚いたの下記写真を見ていて頂ければ解ると思いますが、アロエマッサージなんです。そう、女の子の手元にある緑の物体がアロエの茎・・・最初はクチュクチュとちょっぴりエッチ?な音を出してパックのゼリーでも塗ってくれているかな?と興味深く見てましたが、老眼鏡をかけて眼を凝らしたら、なんとアロエの茎だったのです。フー、驚いた・・・でも気持ちよかった、余は 満足 じゃ 状態に、陥りました。(女の子、日本語できないけど可愛かったし)日本で施術してもらうともっと高額なので、北京の相場はこうなんだ・・・で納得でした

 でも、皆様には申し訳ありません(ご期待に副えずに失礼)が、決してそれ以上の妖しい体験はありませんでした・・・本当に 最後のオチがこんなんで失礼しました。チャンッチャン!
s-2009・中国 038
スポンサーサイト



北京 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/05/25 15:45
コメント

管理者のみに表示