FC2ブログ

西安2・・・初めて焼餃子を食べたよ

s-2008. 008

 上記写真は、西安の鐘楼です。大雁塔からタクシーで約15分、市街地に戻ってきた頃は、もう日が暮れていました。この西安という街・・・中国国内で、城壁が現存している数少ない街、そしてイスラム教徒も多い街 等、長安=唐の都という歴史で有名な部分以外でも、ちと魅力的な街でもあります。
 
 そして、西安第1夜、夕食前に鐘楼に登ろうと、周辺の地下道・横断歩道等鐘楼への入り口を探索したが、夜の搭乗はアウトなのか?どこにも見当たらな~い結局、入り口がわからず、道路を隔てたところで、シャッターを切ったのでした
 この鐘楼へ来たのは、もうひとつの目的があって・・・それは、夕食である。鐘楼のすぐ北西側に「徳発長」・・・ここは、ガイドブックに掲載されている餃子専門店、いわゆる蒸餃子=点心で有名らしい。私は滅多にガイドブックに掲載されている店は行かないが、ここ西安は、特に情報に乏しかったので、お許しくださいませ・・・そしたら、少し感激したことがありました。それは、焼餃子がメニューにあったこと・・これだけ私、中国を訪れていますが、この時がお初の餃子・・・味は、日本の方が美味しかったですが、お初だったこともあって、何か愛しい物に出会えたような喜びを僅かに感じた次第です。

 あともうひとつ、餃子の食べ方なんですが、通常のラー油・醤油・酢の組み合わせで、タレをつけて食べる方が多数だったのですが、周りを良く見回すと、生ニンニクをかじりながら、食してる方がチラホラ・・・当然、私も挑戦、ただニンニクを中国語で言えなかった為、オーダーするのに手振り身振りで、5分ほどかかってしまいましたニンニク好きな私でも、生を丸かじりは初体験、胃痛を覚悟しながら、無理なく食しました。う~ん、きつかったけど、日本では、翌日まで引く臭いも気にしなければならないし、イイ食体験でした。

 そんなわけで、金魚や小鳥の形した蒸餃子をいただき、夜の西安の街へ繰り出しました。下記写真は、徳発長の窓側の席から鐘楼を望みながら、シャッターを切りました

s-2008. 007

 
スポンサーサイト



西安 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2009/06/13 19:20
コメント
No title
いつも綺麗な画像をありがとう~!
これは、また、美しい~!
ニンニク丸かじり、辛いですよねぇ~~お腹の調子に気をつけて~(笑)
今年は西安へ
こんにちは
今年8月・9月に西安に行ってきたいと考えています。
兵馬俑が目的ですが西安の街もじっくり見たいと
思います
餃子情報参考にさせてください
西安がとても楽しみになってきました。
西安の餃子専門店
鐘楼の目の前にある、赤いネオンの『徳発長』で、餃子他諸々食べました。隣席の中国人がニンニクを〇かじりしていたのを懐かしく思い出します。味は素朴な感じで、日本の有名店のほうが美味しいですが、西安へ行ったら是非出かけてみてください。また、鐘楼のライトアップもキレイでした!

管理者のみに表示