FC2ブログ

ついに、生体腎移植後・・・31年目に突入

 早いもので、昨日、めでたく生体腎移植後まるまる30年を経過・・・本日より、31年目に突入しました。
 これも、ドナーである母親(健在)をはじめ、周囲の方の理解があってからこそだと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。

 ただ、この30年間には、色々な出来事がありました。
 
 体調では・・・40歳の時に、いきなり「肝臓がん」が発見され、オペにより肝臓3分の1と胆嚢を摘出 と 2年前には「憩室炎」といって、大腸に穴が空いてしまって絶食治療 等入院を何度も繰り返しております。現在は、浜松医大から新都市クリニックへ転院、そして地元の静岡県立総合病院で移植後のフォローをしていただいてますが、今のところ、母から頂いた腎臓君も調子が良好です

 他方、プライベートでは・・・34歳の時に結婚、一男一女をもうけ、その後、40歳の時に仕事の不動産業を独立開業と、取り合えず、毎日忙しいながら人並みの生活を送ることができてます

 そして、この30年間の間には、ただ、ひとつ心残りがあります。
 それは、主治医であった先生が、昨年急逝されたことです。この方は、腎臓移植以前の私が高校2年の水腎症などのオペ時からの主治医で、30年以上私の身体を診てくださっていた上に、私の尊敬する先生だった方です。昨年、突然の訃報を聞いたときには、数日間悲しみにくれて、仕事も手につかないほど落ち込みました。ただ、今では、その先生のために、長生きせねば・・・と、それが先生への恩返しになると思っております。

 そんなわけで、本日、31年目に突入しましたが・・・無理せず、母から頂いた腎臓君を大事にしていきたいと思っています。
スポンサーサイト



腎臓移植 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/28 10:15
コメント

管理者のみに表示