FC2ブログ

蘇州行2・・・世界遺産を訪ねて

 s-虎丘
 
 『蘇州』には、数々の世界遺産が存在する。その多くは、明の時代に北部地域の北京などと運河で結ばれていた為に交易等で財を成した人々の別荘・庭園が、世界遺産として登録されたようだ。

 上記写真は、その限りにあらず、お寺の塔(一応 世界遺産)である。『虎丘』と呼ばれるこの塔・・・別名『東洋のピサの斜塔』・・・皆さん、一目瞭然ですよね、そう、塔が傾斜しています。私(向って一番右側)等が直立しているのがわかりますよね?その後方の塔が、見事に右に傾斜しています! よって、以前最上階まで登れたようですが、今では進入禁止。周囲を廻るしかないようです でも、この塔、今でも年に数ミリ傾斜しているようで、蘇州市政府が対策を熟慮中だそうです。まあ、本場イタリア・ピサへ行くつもりが無い方は、充分、この『虎丘』で満足できますよ

 下記写真は、冒頭でのご紹介のとおり、庭園の世界遺産『拙政園』です。ここは、広大な敷地内に、池・奇岩・樹木・書斎・御茶屋・母屋等を配した別荘・・・ただ、池には枯葉が舞い落ち(掃除をしていないようだった)、水も決してキレイではなく、日本の兼六園などのほうが、数段手入れ・保守管理が行き届いていて、「良かったような」気がした。そう思ったのは、「私」だけであろうか?

s-拙政園

s-setu.jpg

スポンサーサイト



蘇州 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/06/25 12:40
コメント

管理者のみに表示