FC2ブログ

25年ぶりに、羽衣の松へ

20090701110831.jpg

 きょうは、清水区三保へ、売土地物件調査の為、弊社の代表 兼 妻 と 出向いた。まあ、物件は、調査の結果、可もなく不可もないごくごく普通の物件で、今どうしても買いたい意欲にはならなかったので、現場から依頼主へ丁重にお断りの電話を入れて、仕事は終了!

 時間が余ったので、妻と、『三保までせっかく来たのだから、大昔、天女が舞い下りたという伝説の 羽衣の松 まで行こう』ということになり、25年ぶりに訪ねました。私、三保海岸までは、釣りにはよく来ますが、三保松原海岸は、なんと25年ぶり・・・確か、女の子とデートで来て以来かな?そんな記憶を辿りながら(笑)、三保の松原 入り口に到着しました。

 上記写真の周囲は、小高い丘の上に立派な男らしい?松が、うねる様に密集していた。さすが、風雪に耐えて樹齢600年超・・・この辺りから、海側に下っていくと、あの「羽衣の松」が、あった。ただ、今は周囲を養生されて、人間で言うと点滴を受けている状態らしい・・・松が、か細く、松食い虫被害か松枯れ病か分からないが、ちょっとご病気の様子でした。よって、写真撮影も遠慮しておきました。新潟出身の妻は、初めて訪れたので、わりと感動したらしく、熱心に『羽衣の松』の由来を、案内板で熟読していたのであった 天気が快晴のときは、富士山も一望できるので、皆さん、静岡にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいね
スポンサーサイト



仕事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/07/01 17:05
コメント

管理者のみに表示